アトピー改善のカギを握る善玉菌について

アトピー 乳酸菌 画像

アトピーを抑制したり改善に有効だといわれている
善玉菌は、主に乳酸菌などから
摂り入れることが出来ます。

 

乳酸菌には、植物性のものと動物性のものがあり、
それらを含めると実に数百もの種類があると
いわれています。

 

現在もなお、新しい乳酸菌が見つかっているのです。

 

その豊富な乳酸菌の中から、アトピーに効果の大きい種類
効果、特徴とともに紹介しますので、これから乳酸菌を摂取して
アトピーの抑制・改善を検討されている方はぜひ参考にして下さい。

 

 

LGG乳酸菌

L-92乳酸菌 画像

 

腸の中に長い間とどまっていることから、持続性の高い
乳酸菌だといわれており、豊富な乳酸菌の中でも
消化液や胃酸への耐性が高いのが特徴です。

 

ですから、生きたまま腸内まで到達することが出来、その場で
とどまって働いてくれることが判明しています。

 

整腸作用の高さ、そして子供のアトピー性皮膚炎の予防
花粉症などによるアレルギー性疾患の症状の緩和効果などに
効果の高い成分だといわれ、今なお研究されています。

 

妊娠中の母親がLGG菌を摂取した場合としていない場合とで
統計を取った結果、生まれてくる子供のアトピーを発症する
確率が変わるという研究結果も出ていることから、生まれてから
数年間は予防効果の持続性が高いということが判明しています。

 

 

ラクトバチルス・アシドフィリス L-92株

L-92乳酸菌 画像

 

この菌は、カルピス社が発見したもので、腸内の整腸作用、
免疫バランスの正常化を促進させる働きを持つことが
判明している菌種になります。

 

花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の症状を持つ人が
この菌の働きにより症状が緩和されていることが、とある試験で
確認されています。

 

また、小児アトピー性皮膚炎を発症している患者を対象に
大学病院との共同研究を行った結果、9割の症例で有効性
確認することが出来ました。

 

 

LK−117

L-92乳酸菌 画像

 

江戸時代より続いている酒造の菊正宗が発見した乳酸菌の一種で、
酒造りの工程の中で「生もと」から発生したもので、健康効果が
高いものを厳選しているのが特徴です。

 

皮膚のバリア機能の向上やアレルギー症状の抑制効果などが
あるほか、アトピーの原因ともいわれている細胞にアプローチ
することで、正常化へと導いてくれるともいわれています。

 

 

KW乳酸菌

L-92乳酸菌 画像

 

キリングループが開発した乳酸菌で、主に花粉症やアレルギー症状を
抑制する効果のある乳酸菌だといわれています。

 

アレルギー発症と大きな関係があるといわれている白血球の
バランスを正常化させることで、免疫反応を正常化へと
導くなどといった健康作用をもたらすことが研究の結果、
判明しており、酸への耐性も高い性質も持ち合わせています。

 

 

クレモリス菌

クレモリス菌 画像

 

高い美容・健康効果のあるカスピ海ヨーグルト
含まれている乳酸菌の一種で、アトピー性皮膚炎の
症状を抑えてくれる効果があるといわれています。

 

また、腸内環境を整え、免疫力の強化、ストレスや加齢による
お肌のトラブルの改善、血中コレステロールのバランスを
整えるなど様々な効果に期待することが出来ます。

 

 

L−55乳酸菌

L-92乳酸菌 画像

 

大手ヨーグルトメーカーであるオハヨーが見つけた乳酸菌で、
花粉症の予防や便秘の改善、そしてアトピー性皮膚炎の
改善に大きな効果があると期待されています。

 

マウスを用いた実験により、アトピー性皮膚炎の疾患を
発症している状態からの改善やアレルギー反応を抑える
効果が実証されています。

 

2000年に発見された乳酸菌でまだまだ全ては解明されていませんが、
今後も高い注目を浴びている成分です。

 

 

ビフィズス菌

L-92乳酸菌 画像

 

テレビや雑誌などでよくみかける乳酸菌で、他の乳酸菌と違い
酸素が全くない環境である大腸を住処にしていることから、
乳酸菌の中でも分類されることが多い成分なのが特徴です。

 

この成分は、母乳で育てた赤ん坊の腸内から見つかった成分で、
腸内のpHをコントロールすることで病原菌や悪玉菌の増殖を
抑制するほか、消化や吸収を助ける働きなどがあります。

 

腸内の活動が活発化することで、余分なものを排出させ、
正常化へと導いてくれる蠕動運動が活発化することが、
腸内環境を整えるうえでとても有効だといわれています。

 

腸内の活動が活発化することで、アレルギーへの反応や
免疫機能などが正しく働くといわれているのです。