アトピーはアレルギーと違うの?アトピーを発症する要因について

アトピー 画像

あなたの身の回りにはアトピーだという方はいますか?

 

アトピーを持つ人は非常に多いといわれ、自分自身や
身近な人がアトピーだという人も少なくありません。

 

ところで、アトピーとはどのようなものかご存知ですか?

 

皆さんの中にはアレルギーみたいなもの、アレルギーじゃないの?
と思う方もいるかもしれませんが、アレルギーとの違いそして、
アトピーとはそもそもどのようなものなのかについて解説します。

 

 

アトピーとアレルギーの違いについて

アトピー 画像

 

アトピーとは、簡単に表しますと「異物に対する体の過剰反応」のことを
指します。

 

食べ物や不純物、ウイルスなどアレルギー反応を引き起こす要因が
体内へ侵入した際にアレルギーを引き起こす要因ではなく、自分自身の
体内を攻撃している状態を指します。

 

このような現象により、体内が皮膚疾患として表れ、赤みやかゆみ、
ただれといった症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

アレルギー反応の用語がちらっと出てきましたが、そもそもアトピーとは
アレルギー反応による皮膚炎のみを指したものをいうのです。

 

アトピー 画像

 

アレルギーとアトピーの境界線は、医師でも判別することが難しいくらいだと
いわれており、現段階では明確な定義づけがなされていないのが現状で、
日本においてはアレルギー性の皮膚疾患アトピーアレルギー性の
気管支炎や鼻炎、結膜炎などの症状アレルギーと呼んでいるケースが
ほとんどのようです。

 

要するに、アトピーとはアレルギー物質が体内に侵入した際に起こる
過剰反応によって引き起こされる皮膚疾患なのです。

 

 

アトピーになる要因とは?

アトピー 画像

 

では、なぜアトピーを引き起こしてしまうのでしょうか?

 

 

アトピーについては現段階でも研究段階で明確な要因は
わかっていませんが、主な原因として以下の内容が
推測されています。

 

  • 皮膚のバリア機能が低下している(皮膚の乾燥)

  • 遺伝などによるアトピー素因

  • タオルや衣類などによる摩擦や汗、乾燥やキズ、化粧品、
    洗濯洗剤やせっけんやシャンプーなどの外的刺激

  • カビ、ダニ、ハウスダスト、ほこり、動物の毛や花粉などの
    アレルゲン(幼少期の場合は食べ物も含まれている)

  • 緊張や寝不足、ストレスなどによる心身の衰弱状態

 

 

何故、アトピーの治療や原因を解明することが困難なのか、
それはいくつもの要因が複雑に絡み合っているということなのです。

 

ですから、それらが絡み合って様々な症状を引き起こすため、
どのように改善したらいいのかといった明確な治療方法が
確立することが難しいのだといいます。

 

 

症状が悪化するメカニズムとは?

アトピー 画像

 

アトピーというものやその要因について解説いたしましたが、
腸管粘膜が崩れている場合、バリア機能が低下している皮膚の
状態で、同じアレルゲンや刺激を受けた場合、症状を発症する
確率がさらに高くなる
といわれています。

 

肌のバリア機能が低下している状態、即ち皮膚を掻き毟ったり
皮膚が乾燥していることで皮膚の表面や角質層がボロボロに
なっている状態で、外部からの刺激に敏感に反応しやすい状態です。

 

また、腸管粘膜は壁のような役割をはたしていますので、それが
少しでも崩れてしまうと外部からアレルゲンを引き起こす要因が
体内へと侵入しやすくなってしまい、症状を発症する確率が
さらに高まってしまうのです。

 

 

これらの要因を踏まえ、アトピーを抑制する方法として

 

  • 腸管粘膜を強化し、アレルゲン要因の侵入を防ぐ
  • 刺激に負けないお肌を作る
  • 免疫細胞を正常化し過剰反応しにくくする

 

これらのことがアトピーの症状を抑制するポイントに
なるのではないかといわれています。